緑内障の危険と改善治療を知る~ミルミル目で見る健康実現~

医者

定期的なな検診が必要

どんな症状か

夫婦

白内障という症状に多くの人が悩まされていますが、これは主に加齢によるものとされています。ほかには、アトピー性皮膚炎、糖尿病などの疾患、ステロイド剤の影響なども白内障を誘発するものと考えられています。加齢による白内障については、睡眠不足、喫煙、紫外線、脱水状態が引き出すものと考えられています。従い、アンチエイジングの取り組み、例えば適度な運動やバランスの取れた食事などで発症を抑えることが重要になります。緑内障は、眼圧が高くなることで引き起こされます。眼圧を高めないようにすることが防止策となります。例えば、極度の興奮やイライラ、ストレスをためないようにすることが大切です。また、眼圧が上がる原因となるカフェインの摂取を控えめにすることも有効です。コーヒー、紅茶、緑茶などを取り過ぎないように気を付けると良いでしょう。

発症の防止策とは

白内障は、眼の中のレンズの役割を果たす水晶体が濁ってしまう疾患です。白内障の原因は加齢によるものが一般的とされていて、早ければ40歳、80歳を過ぎるとほとんどの人が発症すると言われています。白内障を発症すると、光が眩しく見えたり文字が惚けて見えたり、視力が低下するなどの症状が現れます。白内障は放置しなければ失明することはありませんが、発症してしまうと手術が必要になります。薬での処置は、予防もしくは初期症状の段階でのみ有効です。一方、緑内障は、眼の中の房水が目の外に排出されず、眼圧が上昇することで発症します。緑内障の症状は、眼の痛み、充血、かすみ、頭痛、吐き気、嘔吐などです。中年期以降の女性に多く見られる疾患であると言われています。緑内障の治療は、眼圧降下剤による眼圧のコントロールです。