緑内障の危険と改善治療を知る~ミルミル目で見る健康実現~

医者

点や線が見えてきたら

生理的な原因

医者と看護師

飛蚊症は、目の前に小さな糸くずや虫のようなものが浮かんで見える症状のことを言います。黒や半透明で、線や輪、粒の形状をしています。視線を移動させても一緒についてくるのが特徴で、白い壁や空など明るいものを見たときにはっきりと現れます。また、治療の必要がない生理的飛蚊症と、医師の診察が必要な病的飛蚊症とがあります。生理的飛蚊症は眼球内部にできた濁りが原因で起こります。眼球内は硝子体と呼ばれるゼリー状の物質で満たされています。この硝子体がストレスや老化によって形状が変化したり劣化したりすると、硝子体内部にしわができて濁り、その濁りが網膜に移ってゴミのようなものが見える、というのが生理的飛蚊症のメカニズムです。紫外線に注意して活性酸素を発生させないことが重要な対策です。

元となる病気を治療

飛蚊症は病気によって起こることがありますが、これが病的飛蚊症です。病的飛蚊症を引き起こす病気には、網膜剥離、硝子体出血、ぶどう膜炎などが挙げられます。網膜剥離は網膜が剥がれてしまう病気で、剥がれた部分の細胞が眼球内部を浮遊して線や点が見える原因となります。現在は、手術などにより視力を回復できる確率が高くなっていますが、症状が出てくれば早めに治療を行う必要があります。硝子体の中に外傷などの原因で出血が起こると、目の前が霧がかかったように見えてきますが、これが硝子体出血です。できるだけ早く出血を除去しなければなりません。ぶどう膜炎にかかると硝子体に濁りが生じて飛蚊症になります。発作的に症状が悪化したときにすぐに治療を受けることが大切です。