緑内障の危険と改善治療を知る~ミルミル目で見る健康実現~

医者

眼圧が高くなる病気

種類と症状

眼精疲労

眼の中の圧力は角膜と水晶体の間にある前房に含まれる房水によって保たれています。この眼圧が高くなりすぎて、視神経が圧迫され視力の低下がおこる病気を緑内障といいます。最も多い型は、房水の出口である虹彩と角膜が合う隅角の線維柱帯で排水が悪くなる開放隅角緑内障です。他の型には眼圧が高くないのにおこる正常眼圧緑内障・虹彩が隅角をふさぐ閉塞隅角緑内障・先天性緑内障と眼の他の病気や重症の糖尿病・高血圧などに合併する続発性緑内障があります。緑内障は初期には症状がなくゆっくり進行します。視神経に傷がつくと、最初周辺部後に中央部で視野が欠ける症状が顕れます。眼圧が急に高まると、激しい眼の痛みやかすみ・頭痛・吐き気や嘔吐などがでて放置すると失明します。

眼科の診察では、眼圧計を用いる眼圧検査・超音波機器を使う角膜の厚さの測定・網膜や視神経の観察・視力検査や視野検査がおこなわれます。緑内障の治療は失われた視力を回復させるのではなく進行を遅らせるものなので、できるだけ早期の眼科受診が重要です。治療法には眼圧を下げる薬剤として、房水の産生を抑えたり排出を促す交感神経遮断薬やプロスタグランジン製剤などの点眼薬ときに経口薬が用いられます。レーザー線維柱帯形成術は、房水の流れを悪くしている細胞を選択的に死滅させ排出を助けます。薬剤やレーザー治療の効果がないときには、房水の排出を高める線維柱帯切除術という手術がおこなわれます。原因疾患がある続発性の緑内障に対しては、その病気の治療も必要です。